降圧薬による治療方法と降圧目標について

血圧が高いという状態には自覚症状が伴わないのが一般的であるため、自分が高血圧になったことに気づかないという人は大勢います。医療機関にかかって血圧測定をしたり、各種施設に配備されている血圧計を使って自主的に測定をしなければ実際に自分の血圧がどういった状況にあるのかということを理解することはできません。血圧が高い状態が維持されることによって動脈硬化や心不全などの合併症を引き起こしてしまうリスクが高まることから、高血圧になってしまった場合には降圧薬を用いる治療が実施されるのが一般的です。降圧剤を用いる治療の基本は、経口服用できる降圧剤を毎日飲むことによって血圧を目標値まで低下させた状態を維持するということです。血圧には至適な値や正常な値と共に、治療における目標値が設定されています。一般的には診察室で測定する血圧を収縮期血圧140mmHg未満かつ拡張期血圧90mmHg未満にするというものであり、家庭で測定する場合にはそれよりも低い135mmHg及び85mmHgが基準値として用いられます。診察室では緊張によってやや高い値になりやすいからであり、家庭で測る場合と5mmHgの差を設けるようになっています。こういった降圧目標が定められるのが一般的ですが、患者の状況によってはその値に違ったものが定められている場合もあることに留意が必要です。リスクが高い糖尿病患者やCKD患者では130mmHg、80mmHgが降圧目標となっており、もともと血圧がすでに高くなってしまっていることが多い後期高齢者患者の場合には状況に応じて150mmHg、90mmHgを目標とすることがあります。こういったガイドラインにそって降圧治療が行われていくのが一般的です。

■血圧値が心配なら降圧薬を使いましょう
メインテート
プロプラノロール
■様々な降圧薬に含まれている成分であるアムロジピンの副作用をご存じですか?
アムロジピンの副作用